top of page

子どもと大人の英語学習方法は違う!?




子どもは、大量の英語のシャワーを浴びることで、英文法を学ばずに英語を習得することができます。 一方で、大人は大量の英語のシャワーを浴びることで、自然と英語を習得できることは...まずありません...

その理由は・・・

子どもは言語獲得装置(人間は生まれながらにして、どんな言語でもシャワーのように大量に浴びていれば獲得できる装置)が備わっているのですが、遅くとも思春期までにはその装置は消失してしまいます。 ネイティブスピーカーは言語獲得装置が備わっている子どもの時に、大量の英語をシャワーのように浴びることにより英文法を学ばずに英語を習得します。 大人は言語獲得装置は消失していますが、子どもと違い論理的に考えることができるので、大人は英文法というルールを覚え、それを論理的に当てはめて英語を理解することができます。

そのため、大人にとっては英文法から入るのが効率的です!

たとえば、仕事で「私の仕事を見て、マネしてやってみて」って言われたら、「いや、効率悪いから、まず基本のルールを教えんかい!」って心の中でちょっと思ってしまいますよね(笑)

面倒くさいかもしれませんが、結局は英文法を学習することが英語習得への近道になります。 こういう理由で、MAMA ENGLISHでは英文法をないがしろにしません!

コメント


bottom of page